授業に出席せず、テスト勉強は一晩のみで効率よく満点を取っていた

大学生時代の彼女からガチギレされた思い出

僕が大学1年生の頃つきあっていた当時の彼女から
ブチキレられたのを思い出したので
書いてみましょうかね。

大学の授業って基本意味ないんですよ。
(少なくても僕は当時も今も思ってます。)
 
1年生の後期の最初の授業に出て、
「これ意味ない。いらんわ。
でも留学目指してるから
単位は最高ランクで取らないと」
と思って、当時の彼女は真面目だったので
毎回その授業に出席してノートを取っていました。
 
 
僕は最初の1回のみ講義を出て、
授業はすべて代理出席してもらい、
最後のテストに望んだのですが、
テスト前日に彼女からノートのコピーを貰い、
一晩で暗記してテストに望んだところ、
彼女は90点、僕は100点満点でしたww
 
 
もうブチ切れるわけですよ。
しかも泣きながら。。。 
 
 
まぁそれが出来るのは勉強に対して
成功体験を積み重ねてきたから
コツが分かってしまったんです。

  
それがあるので、
何のテストがあろうと
対策と方向性を間違えない努力が
出来るようになった訳です。

 
 
今振り返ると、ここはネットビジネスにも
通じるところがあります。
  
 
方向性を間違えない。
その中で努力すること。 
  
 
勝てる市場を選んで、
努力したらした分だけ
自分に返ってくる市場を選ぶ。
 

 
その中で最短距離で結果をだす為に
努力する。
 
 
努力は裏切らないとか
言いますが、方向性間違えてると
平気で裏切られますよ。
 

 

一応言っておくと僕は
高校3年生の4月まで
毎年追試受けてて留年寸前でしたし、
281人中280人でしたよー。 
 
 
予備校で中学校1年生と一緒に
英語を学んだことが人生の転機でした。
(予備校のテストで学力小学生並みと判断されました)
 
  
受験勉強は高3から
スタートして小学生並みの頭脳から
スタートしたので英語と日本史の
2科目のみに絞りました。 
 

======================

フェイスブックはこちら
(友達申請大歓迎です)


YouTubeはこちら
(チャンネル登録大歓迎です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です